【サイトの停止または利用不可】アドセンス審査が通らない理由と対策

疲れた女性 アドセンス

はじめに

アドセンスの審査は厳しい

年々厳しくなっている、といったところでしょうか。

昔のように適当な記事を数本書いただけのブログじゃ、なかなか審査には通りません。

・最低記事数20本
・1記事2,000文字以上
・質の高いコンテンツ

じゃないとダメ!とかいろいろ言われてますよね。たくさんのサイトでアドセンス審査通過のコツは紹介されているので、何が正解なのかようわからんって悩んでる人も多いはず。

でも、今回はちょっと別の話。

スポンサーリンク

アドセンスサイト追加時も審査が…

Googleアドセンス

2018年10月からアドセンスのサイト追加時に仕様変更がありました。

それまでは、すでに合格済みのアドセンスアカウントさえ持っていれば、特別な審査なしに新しいサイトをアドセンスの管理画面に追加するだけですぐにガンガン広告を出せたんですよね。

それが、2018年10月の変更で、

サイトの追加のたびに審査される

ようになりました。

リス太
リス太

これは厳しい!

その中で、リス太も先日久しぶりに新しいサイトを作って、アドセンスにサイト追加したんです。

そしたら、

審査落ち!!

しかもGoogleからメッセージがあり、、、

「お客様のサイトが停止しているか、利用できないことが判明いたしました。お申し込みの際に送信された URL にお間違えがないかご確認ください。」

だって。

リス太
リス太

なんで!?

まず手続きをおさらい

美人な女の子

アドセンスの画面キャプチャはGoogleのポリシー違反になる可能性があるので載せません。
リス太
リス太

といったわけで、わかりにくくてすみません…涙

さて、アドセンスからサイトを追加する手続きそのものは簡単!

アドセンス左カラムの「サイト」で「サイトを追加」ボタンを押して、URLを入力して送信するだけです。

リス太
リス太

ただ、ここからがちょっと注意です!

サブドメインありなしが鍵だった!

サブドメイン

リス太が一回審査に落ちた理由もこの、

サブドメイン

にありました。

スポンサーリンク

まずはサイトURLの登録

PC入力

まず、アドセンス広告を掲載したいブログのURLを登録しましょう。

ぐろすめ。を例にすると、

https://www.grosme-fukugyo.com

にアドセンス広告を出したいとします。

ドメインはgrosme-fukugyo.comで、サブドメインはwwwですよね。

wwwありのURLでサイト追加の登録をするためにまず、

wwwなしのURLを登録します。URLというよりドメインですね。これ。

そのあと、サブドメイン付きのURLを登録します。

2段階で登録しないといけないんですね。

なんでアドセンス審査に落ちたの?

叫ぶ女の子
さて、登録したURLを審査してもらって、通れば無事に広告が表示されるわけですが、リス太の場合はここで、

お客様のサイトが停止しているか、利用できないことが判明いたしました。お申し込みの際に送信された URL にお間違えがないかご確認ください。

という理由で審査落ちしました。

「https://www.grosme-fukugyo.com」

でサイトはちゃんと表示されているのになんでだ!?ってなりましたよ。

でも、理由はカンタン。

アドセンスのサイト追加は、サブドメインのサイトに広告表示させたい場合でも、

①URL登録(という名のドメイン登録)
②サブドメインありのURL登録

という手続きを踏みます。

①がある以上、

ドメインの所有者

じゃないとダメなんですよ。

具体的に言うと、

https://www.grosme-fukugyo.comにアドセンスを出したくても、

アドセンスの審査では、

http://grosme-fukugyo.com
でサイトが表示されないと、サイトがないって扱いになっちゃう!!!

ってことですね。

リス太
リス太

なんてこった!

こんな単純な話だったなんて。

スポンサーリンク

アドセンス審査に通る対策

キッズビジネスマン

となると、対策はカンタンです。

http://grosme-fukugyo.comにアクセスしたら、https://www.grosme-fukugyo.comにリダイレクトするように対応するだけですね。

.htaccessにリダイレクトの処理を記載しましょうね。

・httpをhttpsにリダイレクトする処理
・wwwなしをwwwありにリダイレクトする処理

この2つを書けばOKです。

記述例としては、

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^grosme-fukugyo\.com
RewriteRule (.*) http://www.grosme-fukugyo.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

となりますね。

サイトの作りや元々の書き方によっては、リダイレクトループがかかって、サイトが表示されなくなることもあるから気をつけましょう。

まぁ、元に戻せばいいけどね。

作業するときは必ずバックアップをとって作業しましょうね!

おわりに

【サイトの停止または利用不可】アドセンス審査が通らない理由と対策でした。

結果を見れば単純な話でしたね。

アドセンスの審査は、

・ドメイン自体の所有者のみが可能
・httpかつwwwなどのサブドメインなしでサイト表示されること

上記が必要だってことです。

その上で審査に落ちたなら、Googleのポリシー違反や記事不足やコンテンツの質などを疑いましょう。

ちゃんと審査落ちの理由も教えてくれるから、落ち着いて対処すれば大丈夫です。

アドセンスでがっつり稼いじゃいましょう☆