ワードプレスのブログを定期バックアップ|BackWPUp×S3で超簡単かつほぼ無料!

笑顔の女の子 ワードプレス

BackWPUpをインストールして有効化しよう!

BackWPUp

まずはワードプレスにログインして、左カラムのプラグインメニューから「新規追加」を選びます。

WPの1

次に、プラグイン検索窓に「BackWPUp」入力します。

WPの2

出てきたプラグイン(多分左上)の「今すぐインストール」ボタンをクリック。

インストールされたらそのまま「有効化」ボタンを押します。

WPの3

ワードプレスの左カラムの下の方に「BackWPUp」が出てきましたよね!

リス太
リス太

これでOKです。

スポンサーリンク

BackWPUpを設定しよう!

美人

いよいよBackWPUpの設定に進みます。

メニューから「新規ジョブを追加」を選びましょう。

「一般」タブの「ジョブ名」に任意の名前を入れましょう。ここでは「定期バックアップ」とします。

WPの7

次に、「ジョブの宛先」の「バックアップファイルの保存方法」で、「S3 サービスにバックアップ」のチェックボックスにチェックを入れましょう。

お次はスケジュールです。

「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択します。

WPの9

「スケジューラー」はどのくらいの頻度でバックアップを取るかによって、お好きに設定してくださいね。ここでは、毎週土曜日の深夜0時に設定します。

WPの10

最後は「宛先:S3サービス」タブです。

まずは「S3サービスを選択」します。ここはリージョンを選択しましょう。

WPの11

リス太
リス太

S3バケットを作ったときに選んだリージョンですね。

あわせて、「S3サーバーのURL」に先ほど確認したS3バケットのURL(/で終わるやつ)を入力します。

WPの15

ようやく「S3のアクセスキー」パートに進みます。

アクセスキー」に取得したアクセスキーを入力。
秘密鍵」にシークレットアクセスキーを入力します。

WPの16

すると、「バケットの選択」フィールドが登場するので、バックアップを保存したいバケットをプルダウンから選択しましょう。

WPの18

最後に「S3バックアップの設定」です。

バケット内のフォルダー」に任意のフォルダー名を入力します。
ここでは「backup/」とします。

WPの19

「ファイルの削除」には、何世代前までバックアップを残すかをコントロールできます。もちろん自由ですがあまりにも多すぎると、S3のストレージ容量を無駄に圧迫する形にもなるので、最小限にしておくことをおすすめします。

ここでは、週1バックアップなので、1か月分を残すために「4」とします。

WPの20

最後に左下の青色の「変更を保存」ボタンをクリックすればすべて完了です!

作業自体は30分くらいあれば終わりますかね。
簡単でしたよね!

おわりに

「ワードプレスのブログを定期バックアップ」でした。

ワードプレスで作った大切なブログですから、バックアップはしっかり取っておきたいもの。

S3とBackWPUpを組み合わせたこの方法なら、面倒なコマンドなんか打たなくても簡単に設定できちゃいますよね。

しかもほぼ無料に近い形で実現できちゃうんだから、すばらしい!

おすすめのバックアップ方法でした☆